© 富士少額短期保険ウェブマガジン All rights reserved.

掛け捨ての保険はもったいない?


[PR]
資料請求はこちら

そんなことはありません!

今や多くの方が検討する保険
テレビをみていても
新聞や広告
そして雑誌などを見ていても

保険のコマーシャルや記事をよく見かけます。

それだけ、多くの方が保険に
関心をもっているということですね。

保険が頭によぎる時

健康なうちは考えない保険も
検診で再検査となったとき
ここ最近体調が悪くなったと感じたとき
年齢を重ねると
多くの方が保険という文字を思い浮かぶのでは
ないでしょうか。

入院になったら?
手術になったら?
万が一のことがあったら?
お金は大丈夫かな?

保険にはいくつかの種類があります。

  • 生命保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 就業不能保険 などなど

上手く活用すれば頼りになる保険

保険はいざという時に頼りになります。
しかし、掛け捨ての保険はもったいないと思っている方も多いと思いますが、

掛け捨てだからこそのよいこともあります。

掛け捨ての保険は保険料が安い
保険料は安いけど十分な保障を受けられる
こまめに見直しができる
保険料が安いので家族皆で加入ができる

加入をしていてももったいない保険とは

保険に加入をしていてももったいないものもあります。
それは、
必要性の低い保険に加入すること
加入したことに安心をして
今のライフスタイルとマッチしていないこと

掛け捨ての保険がもったいないのではなく
もったいない加入の仕方をしていることが
もったいないのです。

掛け捨ての保険も上手く活用すると
とっても頼りになります。

保険は無理に入る必要はありませんが、
公的な保険制度で自己負担額は基本3割で済みますが
治療期間や治療の内容によっては
治療費がかさみます。
そんなときに、助けてくれる存在が保険です。

また、万が一となったとき、
残された家族の将来を考えたときにも
保険にはいっていてよかったと安心ができます。

事前に万一の事態を想定し
保険の加入をすることは
心の安心に繋がります。

一見
保険料が戻ってこない掛け捨ての保険は
損をしているように感じますが
保険料の負担が低いのが掛け捨て型保険の強みです。

この掛け捨て型保険をうまく利用すれば
効率的な備えが期待できます。

掛け捨ての保険がもったいなのではなく
上手く活用できないことがもったいないのです。

保険の特性をしっかりと理解して
自身のニーズやライフスタイル
ライフステージをしっかりと把握して
保険を備えるようにしましょう。

富士少額短期保険では
1年ごとの更新
そして掛け捨て型の保険を取り扱っていますので
保険料を安くそして保障を受けたい方は
お気軽に商品をご覧ください。

保険選びに困ったらご相談ください。
メールで相談はこちら

保険医療保険はこちら

保険死亡保険はこちら

保険持病をお持ちの方の死亡保険はこちら


資料請求はこちら
89歳まで申込みOK。医師の診査不要の葬儀・終活のための保険ごあんしん共済
葬儀保険は必要なの?

関連記事

アクセス急上昇 葬儀保険

アクセス急上昇の葬儀保険 皆さま、こんにちは! 新型コロナが再び拡大し、 夏休みなのに、お出かけを控える方も 多いようです。 せっ…

保険の税金のはなし

保険の税金の話 皆さま、こんにちは! 時々、お客様から税金について ご質問をいただくことがあります。 「死亡保険金を受け取ったら …

お客様本位の業務運営とは

お客様本位の業務運営とは? みなさま、こんにちは! 保険会社のホームページに 必ずといってよいほど、 「お客様本位の業務運営」の…

被保険者と契約者の違い

みなさま、こんにちは! 保険契約申込書に、 「契約者」と「被保険者」という項目が あります。わかっているつもりでも、 いざ記入す…

少額短期保険とは

みなさま、こんにちは! 少額短期保険は、ミニ保険と 呼ばれていることをご存じですか? 今回は、ミニ保険のお話です。 お財…

ページ上部へ戻る