© 富士少額短期保険ウェブマガジン All rights reserved.

あなたにぴったりな必要な保険は?


[PR]
資料請求はこちら

ライフスタイル別 あなたにぴったりな必要な保険は?

 

こんにちは。
今回は、ご自分の生活スタイルにより必要な保険の種類についてお話しいたします。

日本は公的な保障が充実しています。しかし不測な事態があった時に、公的保障だけでは不十分なケースも多く、そんな時には保険が役立ちます。

 

貯蓄か、保険か?

 

万が一に備えて、貯蓄をすることも大切ですが、目標額までに貯蓄だと時間がかかってしまいます。
しかし、保険であれば、加入をした時点で必要な保障を受け取ることができます。

ここが保険のメリットなのです。

貯蓄はとても大切です。貯蓄は無理のない範囲で継続し、もしものときにために、死亡保険や医療保険に加入しておけると良いですね。

 

 

保険は四角

 

ここで良く例えられるのが、「預金は三角 保険は四角」です。

 

預金が三角といわれるのは、時間が経過しないと金額が増えていかないからです。

毎月1万円を貯金していくと、3か月後には3万円になります。

目標額の100万円になるためには、預金の場合、9年近くもかかるのです。

継続は力なり・・・といいますが、これは少し気の長い話になってしまいます。

 

では、保険はどうでしょう?

保険は四角

つまり、契約が始まったその日から、100万円の保障が受けられるのです。

これはとても頼もしい味方になりそうですね。

 

万一の備えを保険で

 

万一の備えといっても、家族構成やライフステージによっては、加入すべき保険は異なります。

大きく分けて、

  • シングルの方 最近は「おひとりさま」といわれます
  • 子供がいないご夫婦の方
  • 子供がいる会社員の方
  • 子供がいる自営業の方
  • 子供が独立した会社員のご夫婦の方

この5つのライフスタイル別でご紹介します。

 

必要なのは、死亡保険か医療保険か?

 

まず、シングルの方や子供がいないご夫婦におすすめの保険の種類は、
最低限の保障のみで多くを用意する必要ありません。
まずは、医療保障は必ず準備して死亡保障最低限でOKです。

子供がいる会社員の方には、
家計を支える方が亡くなった時に備え、死亡保障は生活費と教育費を上乗せして用意をしましょう。

医療保障は公的な保障もあるので保険料が払える範囲で選びましょう。

子供がいる自営業の方には、
働けなくなった時の収入減にも備えましょう。
会社員と比べて死亡時の公的保障が少ないこともあるので、死亡保障は厚く用意しましょう。
医療保障も、働けなくなった時のことも考えて上乗せして考えましょう。

 

老後の資金の助けになる保険は?

 

子供が独立した会社員のご夫婦の方には、医療と死亡の両方をカバーした保険がおすすめです。

老後も何かとお金がかかります。それに、いつ病気になるかもわかりません。
ご夫婦の老後生活の不足分は、医療保障で補いましょう。

そして、もしものときに備え、葬儀費用程度を準備できる死亡保険も検討しましょう。
子供の独立後は、死亡保障よりも老後の生活の不足分の備えを優先に考え、

また高齢になると入院が長引くこともあるので医療保障も万全に備えると安心です。

 

保険って、必要なの?

 

ご自分の、家族構成やライフステージにより、優先順位をつけて適切な保険を選ぶ必要があります。

そして、家族構成やライフステージの変化に応じて対応できるように、

一生涯の保障は最低限に抑えて、

必要に応じて掛け捨て型の保険を組み合わせると、

無駄を省き適切な保障を確保できます。

このように、ライフスタイルにより最適な保険が異なります。
また、保障額も異なります。

シングルの方ですと、医療保障は3,000円から5,000円程度 

死亡保障は300万円程度

子供がいるご家庭ですと、医療保障は5,000円程度
死亡保障は、最低でも3,000万円程度

持ち家、賃貸によっても、保障の金額は異なります。

保険の加入を考えたとき
保険の見直しを考えたとき
に参考にして頂ければ幸いです。

 

おすすめの医療保障のご案内は こちら

 

おすすめの死亡保障のご案内は こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 


資料請求はこちら
89歳まで申込みOK。医師の診査不要の葬儀・終活のための保険ごあんしん共済
葬儀保険は必要なの?

関連記事

アクセス急上昇 葬儀保険

アクセス急上昇の葬儀保険 皆さま、こんにちは! 新型コロナが再び拡大し、 夏休みなのに、お出かけを控える方も 多いようです。 せっ…

保険の税金のはなし

保険の税金の話 皆さま、こんにちは! 時々、お客様から税金について ご質問をいただくことがあります。 「死亡保険金を受け取ったら …

お客様本位の業務運営とは

お客様本位の業務運営とは? みなさま、こんにちは! 保険会社のホームページに 必ずといってよいほど、 「お客様本位の業務運営」の…

被保険者と契約者の違い

みなさま、こんにちは! 保険契約申込書に、 「契約者」と「被保険者」という項目が あります。わかっているつもりでも、 いざ記入す…

少額短期保険とは

みなさま、こんにちは! 少額短期保険は、ミニ保険と 呼ばれていることをご存じですか? 今回は、ミニ保険のお話です。 お財…

ページ上部へ戻る