© 富士少額短期保険ウェブマガジン All rights reserved.

死亡保険に入っておくべき?


[PR]
資料請求はこちら

 

 

こんにちは、

今回は、死亡保険入っておくべき?に

ついてお話します。

 

万が一ご自分に予期せぬことがあったあと

パートナーや子供たちの生活費や教育費として

活用できるのが死亡保険ですね。

 

まだ、若いから

お金もかかるから

健康だから

などの理由から死亡保険を後回しに

する方もいらっしゃると思いますが、

 

万が一の時

残された家族に大きな不安を残さず

安心して生活できる

死亡保険を考えてみてはいかがですか?

 

弊社の死亡保険をご案内いたします

 

健康に自信がある方には

こちら

 

持病がある方には

こちら

 

がんの治療を経験している方には

こちら

 

ご不明なことがある

相談したいことがある方は

こちら

 

あなたにぴったりの死亡保険を

ご案内いたします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 


資料請求はこちら
89歳まで申込みOK。医師の診査不要の葬儀・終活のための保険ごあんしん共済
葬儀保険は必要なの?

関連記事

アクセス急上昇 葬儀保険

アクセス急上昇の葬儀保険 皆さま、こんにちは! 新型コロナが再び拡大し、 夏休みなのに、お出かけを控える方も 多いようです。 せっ…

保険の税金のはなし

保険の税金の話 皆さま、こんにちは! 時々、お客様から税金について ご質問をいただくことがあります。 「死亡保険金を受け取ったら …

お客様本位の業務運営とは

お客様本位の業務運営とは? みなさま、こんにちは! 保険会社のホームページに 必ずといってよいほど、 「お客様本位の業務運営」の…

被保険者と契約者の違い

みなさま、こんにちは! 保険契約申込書に、 「契約者」と「被保険者」という項目が あります。わかっているつもりでも、 いざ記入す…

少額短期保険とは

みなさま、こんにちは! 少額短期保険は、ミニ保険と 呼ばれていることをご存じですか? 今回は、ミニ保険のお話です。 お財…

ページ上部へ戻る