© 富士少額短期保険ウェブマガジン All rights reserved.

小さな規模のお葬式が主流


[PR]
資料請求はこちら

小さな規模のお葬式が主流

みなさま、おはようございます。

今日は、最近のお葬式についてお話します。

 

お葬式には、多くの方に参列していただく「一般葬」

親族だけで静かに執り行う「家族葬」などがあります。

コロナ渦以前は、一般葬が主流でしたが、最近では家族葬が主流になっているようです。

また、一般葬の場合も、会食なしがほとんどで、その代わりにお弁当をお持ち帰り頂くなど、

お葬式にも大きな変化がでてきました。

 

小さい規模のお葬式より、一般葬が一般的

以前、葬儀会社の方とお話をしたときに、こんなことをお話していただきました。

小さい規模の家族葬を希望する方もいらっしゃるが、後になって「亡くなったことを知らなかった」と故人の知人から連絡が入ることが多いとの事です。

そのためできる限り葬儀会社の方は「小さい規模の葬儀ではなく、一般葬」をおすすめしているとの事でした。

その時は、確かに!

と思って聞いていましたが、いまや一般葬を執り行いたくても執り行えない状況になっています。

 

これからも一般葬ではなく、家族葬なのか?

数年後、新型コロナウイルス感染症が収束したあとの葬儀は、どのようになっているのでしょうか?

 

いずれにしろ、葬儀を執り行うということに変わりはありません。

家族葬・密葬などの小さい規模のお葬式

多くの方に参列して頂く一般葬

それに加え、

後日、改めてお別れの会を執り行うなど、これからは選択肢が増えそうですね。

 

葬儀費用はどのくらいかかる?

どのような形を選ぶにしても、葬儀費用の準備は必要です。

もしものときに、せめてお金だけは困らないように・・・

今のうちから、備えておくことも必要ですね。

備えることは、大事ですが、さて、どのくらいの備えをしておいたら“安心”でしょうか。地域ごとそしてご本人の希望や家族間の話し合いで

葬儀にかける費用は異なりますが、

一般的には

葬儀一式 ・・・ 平均121万円

お寺への費用 ・・・ 平均47万円

飲食接待費 ・・・平均31万円 

葬儀費用の合計は 平均 196万円となるそうです。

*財団法人日本消費者協会「第11回葬儀についてのアンケート調査」より

 

葬儀費用を準備する方法は?

 貯金という形で、備える方法

保険という形で、備える方法

そして、貯蓄と保険両方で備える方法があるように思います。

 

弊社でも、死亡(葬儀)保険の取り扱をしております。

プランは5つ 300万円 200万円 150万円 100万円 50万円とご用意しておりますが、

多くの皆様は、100万円のプランをご契約いただいております。

きっと、貯金と保険の両方で備えているのかなと個人的に思っています。

 

“備えあれば憂いなし”のことわざのように

普段より準備をしておけば、いざという時に何も心配はいらないという意味

まさに「貯金」と「保険」にぴったりな言葉ですね!

 

貯金は三角 保険は四角の意味って?

                                                      

こんな言葉を聞いたことありますか。

「貯金」は、毎月コツコツの積み重ねお金を増やせます。

右肩上がりにお金を増やすことができるので、図形の形は三角。

ただ、希望する金額に達するまでには数年の月日がかかってしまいます。

すぐに、お金が必要でなければお金を貯める楽しみが増えますね。

 

「保険」は、契約をすると、万が一何かあった時すぐにお金を用意することができます。

すぐにお金の用意ができるため 図形にすると四角形。

コツコツとお金を貯めなくてもよいのです。

いざという時に、「保険」は力を発揮します。

 

 小さな規模のお葬式が主流となり、葬儀にもさまざまな変化がありますが、

お金がかかることには変わりがありません。

この記事を読んで頂いた機会に、葬儀について考え

弊社の、手ごろな保険料でバッチリ保障の「死亡(葬儀)保険」もぜひご覧いただけたら幸いです。

 

ご健康な方がお申込みを頂ける「死亡保険・ごあんしん共済」

https://www.fujishotan.co.jp/service/goanshin/

 

 

お薬の服用がある・ご持病がある方には、「緩和型死亡保険・おそうしき共済」

https://www.fujishotan.co.jp/service/osoushiki/

 

 


資料請求はこちら
89歳まで申込みOK。医師の診査不要の葬儀・終活のための保険ごあんしん共済
葬儀保険は必要なの?

関連記事

アクセス急上昇 葬儀保険

アクセス急上昇の葬儀保険 皆さま、こんにちは! 新型コロナが再び拡大し、 夏休みなのに、お出かけを控える方も 多いようです。 せっ…

保険の税金のはなし

保険の税金の話 皆さま、こんにちは! 時々、お客様から税金について ご質問をいただくことがあります。 「死亡保険金を受け取ったら …

お客様本位の業務運営とは

お客様本位の業務運営とは? みなさま、こんにちは! 保険会社のホームページに 必ずといってよいほど、 「お客様本位の業務運営」の…

被保険者と契約者の違い

みなさま、こんにちは! 保険契約申込書に、 「契約者」と「被保険者」という項目が あります。わかっているつもりでも、 いざ記入す…

少額短期保険とは

みなさま、こんにちは! 少額短期保険は、ミニ保険と 呼ばれていることをご存じですか? 今回は、ミニ保険のお話です。 お財…

ページ上部へ戻る